代表者印(会社実印)とは

代表者印とは何か? 会社印(角印)との違いはあるのか気になりますよね。代表者印は会社の中で最も重要な役割を持つ印鑑です。代表者印作成によく採用される形状から、丸印とも呼ばれています。会社登記をはじめ、各種契約書の押印や官公庁への届出など、会社の重要な業務で利用されます。会社の印鑑には認印の役割を果たす会社印(角印)もありますが、重要度から明確な違いがあります。
本記事では、代表者印の概要や作成方法などを解説します。

現在電子印鑑など印鑑のデジタル化・データ化が進んでおりますが、法律上デジタル化された代表者印では本来の代表者印の役割を果たすことができません。代表者印は現代でも会社の中で複製不可能な唯一の印鑑となっています。記事内では、代表者印の管理方法や紛失時の対応もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

代表者印とは

代表者印とは、会社の代表者の決定を対外的に示すために使用される印鑑です。会社の設立時に作成し、法務局で登記する際に登録する印鑑でもあるため、全ての会社が所有しています。会社の設立時、契約の締結時、官公庁への届出時など会社を運営する上での重要な局面で利用されることから、会社の中で最も権威のある印鑑と言えるでしょう。

代表者印の利用シーン

代表者印が使用されるシーンをご紹介します。

  • 会社設立時、役員の変更時、登記変更申請時など社内規定を新設・変更する際の押印
  • 官公庁への許認可の申請・更新の際の押印
  • 会社が締結する契約書への押印
  • 業務を専門家などに委任する際の押印
  • 株の発行、不動産の売買をする際の押印

補足として、代表者印という名称ではありますが、会社の代表者が実際に変わっても印鑑を変更する必要はありません。なぜなら、代表者印には代表者の氏名を刻印することがないからです。あくまで「〇〇会社の代表者」の意思決定を外部に示すものなのです。また、会社の印鑑だからといって、重要でない会社資料にまで代表者印を押印する必要はありません。請求書や領収書発行などの場合は認印としての役割がある会社印(角印)を用いる場合が多いです。

会社印(角印)との違い

上記で触れた通り、日常的な業務での押印については会社印(角印)を利用します。役割としては認印と同様で、請求書や領収書、見積書の発行などに利用されます。複数の会社印(角印)を作成し、会計部署を中心に社員であれば使用を許可している会社もあります。

  • 代表印・・・実印としての役割があり、法務局への登録が必要。印鑑には会社名と役職を刻印し、契約書や官公庁への届出書類の押印に利用される。
  • 会社印・・・認印としての役割があり、法務局への登録は不要。印鑑には会社名のみを刻印し、請求書や領収書への押印に利用される。

会社印と使い分ける

認印としての役割のある会社印(角印)ですが、印鑑証明のいらない契約書であれば会社印でも押印することが可能で、法的効力も認められています。また、会社の実印である代表印(丸印)を領収書などの日常業務で発行する資料へ押印することももちろん利用可能です。ですが、代表印と会社印の使用用途は明確に分けた方が良いでしょう。なぜなら、代表印を認印のように社員が自由に使用できる環境の場合、偽造や持ち出しのリスクが発生するからです。見積書に実印が押されていたり契約書の印鑑が認印になっていたら、相手方は疑問を抱き会社への不信に繋がる恐れもあります。会社印との使い分けをおこないましょう。

銀行印と使い分ける

使い分けるべき印鑑がもう1つあります。銀行印です。銀行印とは、金融機関への登録や銀行での引き出しの際に利用されます。会社設立時に印鑑をセットで制作する場合、角印1本と丸印2本のセットになるケースが多々あります。丸印2本のうち1本は代表印ですが、もう1本個人の一回り小ぶりな印鑑は銀行印として使われることが多く、3本の印鑑の重要度は代表印>銀行印>会社印(角印)となっており、銀行印も会社印同様使い分けるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました
店舗検索